策瑜で三国志ブログ

一日一策瑜 再録しました。三国志、主に呉、孫策、周瑜について語ってます。基本妄想。小ネタを提供して策瑜創作してくれる人が増えたらいいな。

臨時 一日一策瑜 杜康潤先生『孔明のヨメ。』13.14巻

臨時 一日一策瑜 杜康潤先生『孔明のヨメ。』13.14巻

 

お久しぶりです。

ピクシブで創作したり、プライベッターで某作を翻訳したりしてました。

 

孔明のヨメ。』は最初の方は読んでいたのですが、やっぱり蜀なんで途中で挫折しておりました。

もの凄ーく調べて描いているところは感動しますし、お話もラブラブでおもしろいんですけどね。蜀なんで……人形劇と『三国演義』のドラマや吉川三国志等でその辺はもうお腹いっぱいなんです。

 

しばらくして、最近赤壁編に入ったと聞きつけまして、呉の面々が出てるかな?と13巻、14巻購入して読みました。やっぱりおもしろいよね。

本編もそうだし、創作ノートの細かさ!後書きもおもしろい!

 

そして、策瑜ですよ!

周瑜がイケメン。キラキラしてる。

大喬小喬もちゃんと美人)

孫策周瑜の家の掛け軸の絵と周瑜の回想でちょっぴり登場。でもワイルドなイケメンでしたわ。

で、奥さま策瑜の名場面が!

大喬夫人が義弟夫婦の屋敷に訪ねてきて、渡したい物があると。

それが孫策の簪。

それを見たときの周瑜の表情がなんとも言えない感じで、衝撃を受けているんですよ。孔明ともやり合っても一応表情は冷静なのに。

大喬夫人が「曹操を打ち破るのは伯符さまの夢でございました。こちらだけでもお連れいただけぬものかと」

と布に包まれた簪を差しだす。

小喬も「玉も美しくお守りにもなるかと。どうか」

と言い添える。(いい姉妹だな)

すると周瑜はいつもの表情に戻って。小喬に「つけてくれるか」と頼むのです。

小喬が冠につけてあげる。

「必ず連れて戻ります」と大喬夫人に約束する周瑜

 

ここですごいなと思ったのは、大喬さんは周瑜なら必ず戦う主戦派だと信じているところ。伯符の夢はこの人が継いでくれると確信している。

やっぱり策瑜はこうでなくては。

いいシーンでした。

孔明のおヨメちゃんの月英さんが、ちゃんと周瑜の簪が替わっていて、それが周瑜の屋敷に掛けられていた孫策の簪だわ、と気づくんですよね。形見かしらとか。

小喬に屋敷を案内されていた伏線が活きるんです。

 

あとは魯粛の性格がちゃんと正史より。(けど、孫権の妹が出てきたら心配ばかりかけられて演義っぽくなってきた)豪快。劉備軍にも気に入られる。

妹ちゃん尚香かわいい。ポジションとしてはレッドクリフぽい感じ。

 

後、気になったのは、劉備周瑜が出会ったときに、袁術討伐で過去に遇っていたというもの。ありえるのかな?美青年だから目立っていた?使者を往来していたならありえるかな。この時の袁術討伐メンバーは曹操呂布もいたりしてオールスター戦なんですよ。ちょっと不思議な設定でした。

(伯符は亡くなっているのに、劉備はのうのうと生き延びている…という苛立ちの伏線?)

 

甘寧はいつもの甘寧でした。強い。

赤壁はまだ開戦してまもないので、次巻も楽しみです❤

 

 

 

おめでとう!日本上陸!無敵PINK先生原作/Yi Lee先生作画『摩登三国』こと『イマドキ三国志』

無敵PINK先生原作/Yi Lee先生作画『摩登三国』こと『イマドキ三国志』がラインコミックに登場!

https://manga.line.me/product/periodic_book_list?id=Z0002473&from=free&t=1668328475742

 

美麗な絵と鋭いツッコミ、深い歴史知識とそれをかみ砕いたおもしろさ。

 

策瑜の登場はまだまだ先(がきんちょでかわいい❤)ですが、もうね、関係性が最高なんです。

 

袁紹さま(さま付きだ)と袁術が耽美なイケメンの漫画なんて初めてじゃないだろうか!?

とにかくおすすめである。現代化していて、説明がスマホですすむのもおもしろい。

女性化している武将もいるけど、断然糜竺がかっこいい(お金持ちだし)

周瑜は嫁!!!(しかも万能軍師)

せっかく『三国志トーク』(韓国でのタイトル)(中国は『摩登三国』モダン三国)が日本に登場したのですから、チェックしてみてはいかがでしょうか?

(ライン使ってないので、まだ摩登を読む羽目になっています。紙の本求む…)

臨時 一日一策瑜 そにしけんじ先生『ねこ戦 三国志にゃんこ弐』

そにしけんじ先生『ねこ戦 三国志にゃんこ弐』です。

赤壁編しか横着して読んでいません(ダメな読者)

孫策の最期もでてくるので、一日一策瑜に……と思ったのですが、周瑜の愛が深すぎて、あとちょっと猫種的にサイズが

瑜策なのでは!?

との疑惑が!!演義ベースでゆるーく進みます。やはり呉は空気(涙)

孫策は許都の襲撃を狙っているところ、味方(ここよくわからなかった、裏切りってこと?)に襲われて重傷。

そこに周瑜が登場。一生懸命周瑜ネコ(ベンガル)は孫策ネコ(スコティッシュフォールドのハチワレ)の傷を舐めて治そうとします。

ペランペランペラン。

一生懸命舐めますが、そのかいなく孫策は亡くなってしまいます。号泣する周瑜

周瑜が舐めすぎた疑惑が……。)

だいたいネコだから仕方ないで進みます。

主人公だから、劉備(アビシニアン)がめちゃかわいいんですけど。

孫家のハチワレのスコティッシュフォールドも結構かわいいです。

あとなぜ周瑜ベンガルなのかというと、水が大丈夫なネコだからなんですね。見た目じゃないんだ。ふぅむ。

周瑜黄蓋やほかのネコにもペランペランしてます。そう言う猫種なのかなぁ。

演義ベースなので一方的な劉備軍の活躍にイラッとしながらもかわええ~となってしまいます。

呉もいろんな猫出て来ますよ。

ネコ好き三国志オタク向けです。

策瑜は出ないよ『三国志 黄巾の乱』

 こんにちは。お久しぶりです。

アマゾンプライムで見た映画の話でも。『三国志 黄巾の乱

 きっかけはツイッターのTLでした。なんかちょっと毛色の変わった三国志映画があると。

 これは見なくては!

 曹操が主人公です。黄巾の乱で、張角張宝張梁らと戦います。若い!曹操も敵も若い!珍しいですね。周瑜孫策の映画でもわりと年齢を重ねた感じの役者さんだったのに。無双の映画よりもさらに若い。

曹操は兵を失いながらも、張梁を討つことに成功します。

 ですが、朝廷はすでに董卓支配下に入っており(展開早いな)曹操は恩賞を貰うどころか、睨まれてしまいます。

 困った曹操は、天下の英雄を集める旅に出ました。

 そこで出会ったのが、劉備関羽

張飛いないんかー!!

劉備は怪我をしたお尋ね者の関羽を庇って、蓆の藁の中に隠したことで、二人の中に恩義が生じます。関羽が慕ったことで桃の花の下兄弟の契りを結びます。そこに「風流だな」と現れる曹操

黄巾賊に襲われ共闘する中で、仲間になる二人。劉備も若くて任侠系の劉備演義っぽくないよ。そして、さらに若いアイドル顔の関羽。体つきもマッチョじゃないんだな。せいぜい細マッチョ。後で覚醒する場面があって上半身脱ぐんだけど、武神とは思えない痩せ型。中国の俳優さんはどうも鍛えすぎるのは好まれないようなので、こんなもんかなーと。関羽がまだこのぐらいだったら、張飛は学生?出て来ないのも納得。

 

 そして、孫呉はやはり仲間はずれか……。と思っていたら、曹操の許嫁で孫堅の妹の孫香香さんというオテンバ美女が出て来ました。結婚前ですが、曹大爺(つぁおだーいぇ)、相公(しゃんごん だんな様)と慕っています。武器は連弩と鞭。お兄ちゃんが援軍を送ってくれると、お兄ちゃん子の面も。尚香と徐家に嫁いだ妹をまぜたような存在か。

 孫堅はちょっとあごひげをはやしてごつめでしたが、朝廷の敵にはなりたくないと援軍は送ってくれず、妹も縁切るぞ!という悲しい場面も。孫堅の妹を想う姿は最後に見られます。

 それから、このお話の華かな?謎の美女枠です。郭伽さん読み方が郭嘉と同じなので深読みしたくなりますね!左慈師匠から手助けするように曹操の許へ遣わされた仙女。

 この左慈というのが食わせもののようで曹操の味方かというと、そうでもない。

 男三人と女二人で旅をしつつ、張角と対抗しうる青龍の力を求め、最終決戦へ向かうという感じの流れです。

 

 アクション、ファンタジーなんですが、、、

アクションがたるい!!!

ファンタジー効果がセンスない!

脚本も続きを作りたそうな感じで引っ張る終わり方でしたが、どうも評判が悪いようなので、無理でしょう。

 わたしは孫家もちゃんと出してくれたんで三国志にはなっているなと、低レベルな満足の仕方をしました。

 『周瑜孫策』のほうが低予算ぽいけど孫呉の民にはおすすめできます。

 これはどの層におすすめしたらいいのでしょう^_^;

 

最近発見した動画二本中国語版「蒼生大医」と英語版スリキンアニメの紹介。

お久しぶりの更新です。
今、慶余年の第一部を読んでおりまして、三国志モードからはやや遠ざかっております。
それでも、ユーチューブは好みの動画を紹介してくれるので、ありがたいやら小憎らしいやら…。

https://youtu.be/0Wc2bOSkasA
一本目は中国語版「蒼生大医」安徽省のテレビ局制作なので、主役の華陀も悪く書かないし、曹操周瑜も地元の英雄なので悪くは扱わない。関羽だって神様だからかっこよく描く。じゃあ、どこにしわ寄せがいくかというとオリジナルキャラクターです。あと曹丕曹丕は顔もあんまりかっこよくなかったうえ、弟の冲の薬に毒を混入させたり、曹操が長生きしないように、華陀を殺すよう仕向けたりと、なかなかの悪役ぶりでした。一番胸糞悪いオリジナルキャラクターに呉成という華陀の師兄が出てくるのですが、あくどい奸計から悪辣なDVまでひどかったです。名前も呉=無wuで無成、何もなすことがない、という意味だと思います。
一番の名?迷場面は呉成の罠にはまったヒロインの侍女を庇って、華陀の大師兄(いつもはちゃらんぽらん気味)が斬刑に遭うというところに、庇われたはずの侍女が花嫁姿で酒を持ってきて、刑を止めて結婚式を始める。そして、酒を飲むなり、血を吹いて二人とも死ぬ。毒酒だった。これ以外にも結構壮絶でした。
歴史に則った描き方ではなく、愛憎ドロドロのメロドラマです。それでも、昔の「華陀と曹操」のイメージと変わらず、権力に阿らない生き方をする民に慕われた偉大な神医という華陀像でした。
周瑜は一話か、二話くらいで出番終わった(笑)不眠症を治してもらいました。

風雅なイケメンさんでした。水滸伝呉用先生役をなさった方だとうかがったので、知的なイケメンを配役してくれたのですね。ほんのちょっとの出演でしたけれど。
安徽省のテレビ局制作だからこその配慮かも?

もう一本は、英語版のアニメの三国志演義です。絵がかわいい。
https://youtu.be/SFKMJmnYUTc
孫策はこんな感じ。

右側のイケメンくんです。
袁術から独立するあたりと、于吉に呪われて亡くなるあたりに出演。
周瑜孫策の出演にほんの一瞬と、赤壁に出て来ます。

右側のイケメンです。髪が紫なのは孫権です。訳通りですね。
わたしは英語も苦手なので、水鏡先生のウォーターミラーとか臥龍のスリーピングドラゴンくらいしかわかりませんけど、絵でだいだい…。カタカナで書いていると酒見賢一先生の本を思い出しますね。
英語圏でも策瑜はイケメンだという理解が進んでいて嬉しい限りです。

あとRINGDOLLさんから策瑜の六分の一サイズの二人が出ました。
誰か購入されませんか?かわゆいですよ❤
https://ringdoll-jp.com/-p0909.html

自作同人小説と孫登考察(?)

https://www.pixiv.net/novel/series/8789477
ピクシブで呉、策瑜の小ネタ同人小説を書いています。
短編が主ですが、中には思わずダラダラ書いていて長編化して、ジャンル内で邪魔になっているのでは!?と思うこともあります。それでも読まれているようなので、(まぁいいのかなぁ…)と置いてあります。賢い読者さんは検索でハネて下さい。

で最近書いたのが「黄武三年、太子殿下は恋をする」です。策瑜じゃない。次の世代です。孫権の息子、孫登とそのお妃選びの話になります。
わたしの中では同人小説は、ちくま正史を読んでの考察という妄想をネタに練り込んで書いているつもりです。
孫権の長男孫登くんはすごく苦労しているとわたしは思うんですね。そして三十代で亡くなってしまう。もったいない。
よく、孫権の寿命を削って孫登にあげたいといわれるほどいい息子なんですよ。
それゆえに小説内では幸せそうに書きたかった。まだ十代ですからね。ちょうど孫和が産まれるころでもありますが、複雑化する局面にはなっていない。
彼は生母はどうも身分は低いようですが、長男なので長子相続を主張するためもあり、儒教的行動をとります。お母さん、養母の徐夫人に思い入れがある。孫権はこの徐夫人に対して非常にひどい態度です。
呉に放置!離縁じゃない。養育させていた息子と引き離す。離縁じゃないから再婚もできない。(呉には周家もいたみたいなので孫家の未亡人(孫策孫翊孫匡の妻とか)連合軍の集まりになっていた可能性もある)
お母さんから着物が届いたら身を清めてから着て、継母の歩夫人からもらった着物はお辞儀して受け取る。
孫権の皇后を立てるという話になったときも、皇太子の母を立てる流れになり、ではその母とは?と尋ねられたら「母は呉の街におります」と徐夫人を指しているんですね、孫登くんは。非常に義理堅い。
孫権(そして魯班)は歩夫人を皇后にしたかったわけですが…。
この孫登の養母の恩を忘れないという行動は、儒教的価値観をもつ臣下からは支持され、期待されていました。
四友というブレーンも付けられましたが、この中の張休と顧譚は孫登くんの意志を受け継ぎ、その死後も孫和をなんとか跡継ぎにしようと死力を尽くし、政争に巻き込まれて死んでいきます。自分の家の存続よりもここまで孫和を推したのは当時の価値観もあるでしょうが、孫登の築き上げてきた派閥(民力涵養政策推し)を受け継いだのが孫和だったからもあるんじゃないでしょうか。諸葛恪も孫和推しなんですが、この人はちょっと二股膏薬というかコウモリくさいですね。
二宮の変のプレリュードだと思ってます。孫登時代は。
まず、次男孫慮が賢い。孫権のお気に入り。孫権も長男には厳しく、その他は可愛がったりするんですよね。まだ、この時は、重臣もしっかりとしていたので孫登と孫慮を区別して扱う配慮を見せていたりします。
そして、魯班との関係。わたしは根拠はないのですが、魯班はあの跋扈ぶりは長女しかも孫権の初の子どもじゃないのかと睨んでいます。魯班としては母の歩夫人を皇后にしたい。でも反対する孫登は疎ましかったかもしれません。ですが、孫和を生んだばかりのまだ若い王夫人よりは孫権の寵愛が期待できない徐夫人のほうが敵としてはマシなのでしょう。歩夫人は自身が男子を産んでいないため、孫権の長男を推すことに異議はないでしょう。歩夫人の長所は自分が自分がと前に出て行かない姿勢で、他の女性を孫権に勧めていける柔軟性です。
よっぽど孫登と反目しない限りは、お辞儀をして着物を着るくらいの礼儀は保っていますから協力関係も無理ではないと思います。
魯班との関係を強固にするのが、周瑜の娘、周徹ちゃんの存在なんじゃないのかなと思います。魯班にとっては夫の妹ですから。孫登と周徹ちゃんは仲がよかったのではないかな。長男と三男いずれも夭折していますが、名前に玉偏がついています。やはり周瑜の孫??
皇后の件では対立しても、皇太子は孫登と認めていたんじゃないでしょうか魯班も。
成長してきた孫和との関係。これも、孫権がめちゃ可愛がるんですよね。若くして開府させて役人付けたり…年齢的には孫みたいなものか??孫和に位を譲りたいと思っていたというのは孫皓への忖度で嘘くさいです。しかし、位を脅かされていると感じていたのは事実だと思います。陸遜と武昌に孫登は置いておかれるのですが、孫慮が亡くなったタイミングで建業の孫権を見舞ってそのまま居着くのです。これ離間させられないように警戒したんじゃないのかと思いました。孫和に孫権の気持ちが傾いてしまうんじゃないのかと。その分陸遜が苦労したと思いますね。ひとり武昌を任されて。(案外孫登が陸遜が厳しくて逃げてきた説もありますか)

孫登 孫慮
孫登 孫和
孫和 孫覇

まだ二宮の闇は深くてわかりませんね。
この時点では、周徹を間に孫登と魯班は仲良くしているイメージです。
長々と妄想にお付き合いありがとうございます。

三国志創作してますか? その二

https://muse3594.hateblo.jp/entry/2020/06/08/070000

最近また小ネタを創作しているので、その時に参考にしている本を紹介します。
前回紹介したものは引き続き使ってます。

f:id:muse3594:20220408130517j:plain
『中国古代の24時間』
これはめちゃ大ヒット本なのでみなさまご存じかもしれませんね。出典が書いてあるのがありがたい。
いろいろと主人公?が動いてしまうので、「あーもうちょっとそこ深掘りしてー」となることもときどきあります。
普通に読み物としておもしろい。

これをさらに小説的にしたのが、
『古代中国の日常生活』
これは中国人の学者さんがたぶん英語で書いた物を、英文学の翻訳家さんが訳しています。なんかいつも、読んでいる中国の漢代の本とは違った語彙かな…と感じます。
遠回りしてきたような感じ。漢字圏にいるからこその違和感ですね。
中身はいろんな職業のひとの一時間を切り取ってこってりその職業について書かれていて面白いです。小説風なんです。前の『古代中国の24時間』よりもフィクション色が強いです。個人的には班婕妤がちらっと出て来たのがポイント高いですね。ドラマ「クイーンズ」では扱いが酷かったですが、彼女こそ保身に長けた才女だと思います。

f:id:muse3594:20220408131906j:plain
曹操曹丕曹植詩文集』
なぜか諸葛亮の出師の表までついてます。謎。まだしっかり読んでませんが、曹丕の女性の身に仮託して書く哀しい詩が謎です。しかも女心がうまいし。当時のスタイルらしいですが。(あまり詩心のない人間の感想)
曹操はわりとストレートだし、自軍を鼓舞したり、政治的意図も見えつつ、やっぱりかっこいい。
曹植は漢字が難しくて、美しい言い回しが多い。宝石をちりばめたみたいですね。

三国志の政治と思想』
ご存じ名士先生の著書です。
ちくま正史だけでは得られない情報もあったりして読み応え抜群です。
名士同士の関係表があるのですが、これよくわからないあるよ。
周瑜虞翻がつながってるあるね。これわからない。
魯粛が線で繋がっているのはわかる。プロにしか手に入れられない文献に周瑜虞翻はお友達関係を示すなにかがあるのか!?
それとも孫策が間に入った共通の友人てこと?謎は深まる。

f:id:muse3594:20220408133156j:plain
『青青子衿』と『青青子佩』
中国語の本です。もし買うとしたら、『青青子衿』のほうが情報は濃いかな。
各時代の漢服(清代は含まれない)が紹介されています。髪の結い方なども興味深いです。どちらかというと眺めて楽しむ本です。

その他、『ある地方官吏の生涯 木簡が語る中国古代の日常生活』も読みました。秦代なので、どこまで漢代と共通するところがあるのかなと疑問は残ります。
兵士の軍隊生活が読んでてかわいそうで涙出ますね。今でも自衛隊の方は裁縫などできるらしいですが、この時代の兵士はズボンを自分で縫って作る(涙)そうじゃないと擦り切れてはけないとか(涙)お金送って下さいだけじゃなくて布送って下さいとか…切実。秦は特に厳しそうだからな…他の国だとどうなんだろう??

あとは漢服で丸襟以前の設定のドラマも増えてきました。それらを観るのも妄想の参考になります。
慶余年の長公主さま、魯班みがありません?

最後は調べても出てこない。漢語資料が読めない場合は、妄想という想像力勝負です。

楽しくレッツ三国志同人創作!!