策瑜で三国志ブログ

一日一策瑜 再録しました。三国志、主に呉、孫策、周瑜について語ってます。基本妄想。小ネタを提供して策瑜創作してくれる人が増えたらいいな。

読みました。渡邊義浩先生『人事の三国志』

うーん。最近、歳のせいかはっぱり読書のスピードが落ちてしまった。
おととし、出かけた先で買ったのに、積んでおいたのも、歳のせいだよな(T_T)
面白いのだけどなかなか進まなかった。
名士先生こと渡邊先生の本です。監修じゃないよ。ご自身の著書よ。

人事とある通り、官職にまつわる権力統制とか、いろいろ後漢、魏、呉、蜀、晋まで解説されていて興味深かった。
他の六朝の研究の先生のある本では、まだこの時代には貴族という言葉は存在しないと書かれていたんだけど、各先生で見方はわかれているのかな。

名士先生の監修本でも出てくる疑問、呂範はいつから仕えていた問題。
かぜ江でも後書きにあったと思うの。
誰か教えてプリーズ。
孫堅が生きているときに会っていたからという理由では!周瑜孫堅からの臣下になっちゃうし、なにかプロじゃなきゃとどかない情報があるのかしら??

まぁ、妄想しながら読むのには、後漢が一番面白かったです。
下っ端役人から叩きあげで出世して行くにはどうするのか。孫堅なんかが通った道はこうなのか?みたいな妄想しつつ楽しめました。
しかし、役人になるにはお金がいること、いること。中央官より地方官でワイロ貰っていたほうが実入りがよかったりしてね。
銅臭が全くしない役人なんざごくわずかですよ。
蜀は前に読んだことある感じの繰り返しだったな。劉備孔明の権力闘争、せめぎ合い。
天華的妄想だったら楽しいかも。
魏も文学と儒教の新しい価値観を曹操が持ち出したことの偉大さ。曹丕くんは一歩後戻り。曹丕くんは儒教的価値観に支えられて立太子できたから、しょうがない。
でも暴かれない墓はないし、滅ばない王朝もないとか言い切る曹丕くんは充分新しいと思うよ。
そして、続く晋も儒教的価値観を共有する貴族間の婚姻で結びついて、その結束が新しい王朝を生み出す…。
しかし、嫡長子相続という儒教的価値観故にあからさまな暗君に継がせて乱の原因ともなってしまったのだった…虚しい。

我らが、呉は志怪から(笑)
正統性をどうやって作るかが悩みどころ。
魯粛がね…もうちょっと長生きしてくれればね、周瑜もね。二人してなんとでも正統性なんぞ創造してくれたと思いますよ。
陸遜だから、まじめくんにはその辺難しい。
孫権も悩んだけれど、孫皓も悩んだ。
孫皓は暴君だけど、馬鹿ではないんだな。
系統立てて正当性を作り出したはいいものの、すでに王朝が風前の灯火だった…。
虚しい…。
陸機たちのこともかいてあって、呉出身のために苦労したことも泣ける。
呉の四姓の陸遜孫策の血の入った陸抗以降の家族は孫家、呉にたいする思い入れが違っていると感じます。

本の内容と離れるけれど、陸氏の子孫が姓を変えて生き残ったという説は信じたいよな。かわいそすぎる。

後漢の官職制度の説明が濃くて、読んでよかったなと思いました。
いろいろ、参考文献も書いてあったので、興味あるところの入口にもなっています。
オタクに優しい。

周瑜の香りとはなんぞや?

https://www.amazon.co.jp/%E9%A6%99%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%A9%A9%E5%AD%A6-%E4%B8%89%E5%9B%BD%E8%A5%BF%E6%99%8B%E8%A9%A9%E3%81%AE%E8%8A%B3%E9%A6%99%E8%A1%A8%E7%8F%BE-%E7%8B%A9%E9%87%8E%E9%9B%84/dp/4862853293/ref=mp_s_a_1_2?dchild=1&keywords=%E3%81%8B%E3%81%8A%E3%82%8A%E8%A9%A9%E5%AD%A6&qid=1612697549&sr=8-2
狩野雄先生、『香りの詩学: 三国西晋詩の芳香表現』という本を注文しました。
結構値の張る(@_@)お値段💧
学術書だからねー😅
今月、わたしの安酒とおつまみの楽しみは消えました。

この本、周瑜の香りについて書いてあるらしいのですが、届く前に勝手に予想。

周瑜はどんな匂いがするのか?

断金だから、二人同心、其利断金。同心之言、其臭如蘭。この蘭はかおりぐさ、蘭そのものではないようです。いい匂いのする花や草を総称しているらしい。
フローラルかハーブか。

程普さんに美酒のような男といわれたから、お酒の匂い?
なんかおっさんはいってきた?

はたまた戦場を駆け巡るからには、血のにおい?

曲有誤、周郎顧。のとおり粋なオトコには花も蝶も戯れかかる?脂粉の匂いもする?

まぁ、孫権よりは酒臭くないよ。きっと。

個人的なイメージは優しい白檀かな。
植物でいうとロータス、蓮のみずみずしい感じ。江南の美人にぴったりでしょ?

さてはて、本ではどのように語られるのか。
楽しみであります。
読んだら感想書きます。

読みました。『軍師連盟 第三巻』

いよいよ最終巻になりました。
これがまた分厚いんだな。

暗い。ずっと暗い。どんより。
老境に入り、青春の輝きも出世とか政策の実現といった華やかさがなく、ひたすら権力闘争。今までもそうなんだけど、司馬懿さん本人が的になってきて辛いね。読み進めるのが。

孔明さんとはテレパスで会話。
同じような立場だからかな。
上に立つ帝の資質の違いはあっても、それぞれ苦労が絶えなくて苦労する老臣。
阿斗ちゃん二十すぎても宿題出されて、丞相さまに点検されていましたからね💧
丞相さまも過労死に加速をかけています。
一方烈祖さま曹叡も女装したり、辟邪と戯れたり…土木工事と栄華を楽しんではいるものの、やっぱり母親のことが心の傷になっているのが根っこにある設定なのかなとも思いました。
辟邪もね…失脚してから、陛下に甘やかされてるからぼくは施淳さんみたいに墓守できましぇん😭と呆気なく死んじゃうんだな。
ここはカップリングというか幼いうちから、母親を失った少年とそれを支えてきた宦官として面白いコンビではあったな、と。

郭女王も追いつめられ亡くなりましたね。鏡に曹丕の幻影をみるところが愛があるなぁ。
司馬孚さんの純愛も美しかったな。ドラマとして。

あと、長男と次男、そして第二夫人の三男。
司馬懿さんちの息子さんたちのドラマでもありました。
長男まじめなんだけど、たまにぽかしたり。
次男は嫂にハァハァこそっとしているし、功績をたてたくて、父親に認められたくてしょうがない。
(便宜上の)三男はちょろちょろして長男と次男の間にに割って入ろうとする。
この三男、八王の乱の元か!悪いやっちゃで。
三国志を読むと中間子が目立つ気がするんですよね。仲つくひと。気のせいかな。
それぞれ特性はあれど、やはり司馬懿さんの子で受け継いでいるんだな。やり手なところ。

長男がポカして、その上次男と三男がやらかして、長男司馬師が牢で拷問。もうねお家芸ですね。
このへんの兄弟の関係を人間ドラマとして三国志に落とし込む力量がこの脚本家さんのすごいところ。人間の業をここぞとばかりに描き込んでくる。
三国機密もそうなんだけれど、パズルみたい。

汲布兄も春華さんに純粋な愛、江湖的純情を貫きましたね。ドロドロのなかでこういうのは光ります。

春華さんから柏夫人への夫の委託?も凄まじい。愛しているからこそ、心配。ライバルだった第二夫人に託す。この和解は現代的でもあるような気がします。

ライバル曹爽もね、悪いところ醜いところばかりでなく、家庭的だったり、父親の名誉を回復させようとしていたり決して単純な悪でもない。でも、全然司馬懿さんの敵では無い。
司馬懿さんのおそれるのは後世の評価だったり、名声での非難だったりする。
後漢からつづく価値観にやはりどこか縛られている。

春華さまの死から、なにかストッパーがはずれはじめる…いやそのまえから公孫淵とかやってたか?
司馬家はとくに奥様方が優秀な時は栄えて、賈后とかでてくるとガッタガタになる。
ドラマでは春華さんとの絆が重きをなしていましたね。汲布兄とのことも嫉妬したり。
そして、もうひとりドラマオリジナル人物、侯吉兄さん。司馬懿さんの良心なんじゃないかなと思いました。結婚したかったんだね…。
位牌とまで添い遂げたい気持ちがいじらしくもあり、不気味でもある。使用人の結婚てたぶん勝手にできないから、念願だったんだよな…あの小沅ちゃんもうしろにひも付きのいわくつきの女性だったから難しい。
こころの良心部分の侯吉さんが死ぬから、やはり分身を失った司馬懿さんもまた死期を迎えたのだと思います。
夏侯玄早く殺されてましたね。
このあたり、片目にするため?


呉はね石亭でほぼ出番終わり💧
でも、周郎の後にまた陸郎あり、ってとにかく単位が周瑜、うふふ。
周魴さんもお芝居頑張っていました。

重いけれど、面白かった本でした。

読みました『パリピ孔明 4巻』

英子ちゃんの歌が周りを救っていく、そして、スターダムに近づいて?
孔明がDJデビュー?というところで終わっておりました。つづきが気になります。

まあ、呉の民としてはオマケの大泉喬花さん不動産会社にお勤め、に大注目です。
とうとう、保証人のいない孔明さん(保証会社とかどうなんだろう?ストーリー的にアウト?)はホテル暮らしに??
そこへ登場したのが旅行会社にお勤めの小笠原蕎子さん、大泉さんとは同居人。
小笠原さん弱腰でさっそく孔明に言いくるめられております。
孔明さんも一度はホテル暮らしを満喫するも、寂しくてオーナーのところに仮住まいに戻ってしまいます。
そのころ、小笠原さんは「おのれ孔明ー!!」とばかりに同人誌を作成……。
同人をたしなむお方二人の同居だったのですね。

ここで、二喬が仲良くぽわぽわ平和に暮らしているならば、どこかで断金コンビも仲良く暮らしているはず!!
みたいですね。怖いもの見たさもありますが。

あと、一コマくらい出てきた曹操さん、人形劇ぽかったです。
周瑜は記号の頭のアンテナ(貂蟬?)がついておりました。演義でおとしめられていい加減やだなー。
パリピ的攻略が面白くて読んでいます。
あと、オーナーのオタクっぷりが親近感湧きます。料理上手なのね。

つづきは4月ということですが、楽しみです。

呉の民的新解釈?

呉に絞って、新解釈しているのではないかという作品を挙げていきたいと思います。

藤森ゆゆ缶先生『キューティ三国志―尻壁の戦い―』
BLのなかでも笑えるあほエロ解釈ですすんでいきます。珍妙ながらも、ストーリーは演義的にはそのままなぞる力技!
呉はねー権ちゃんがなやんでいてかわいそうなの。たぶん、周瑜は解決してくれ無さそうだけれど、陸遜あたりがなんとかしてくれるでしょう?(続き書いて欲しい❤)
周瑜はそういう断金の解釈があったのか!?と眼からうろこでした。

酒見賢一先生『泣き虫弱虫諸葛孔明
sweet三国志蒼天航路では関西弁になっていた呉。今作では広島弁になりました。
ついでに仁義なき戦いです。張昭のオジキ❤
ジャラジャラした魯粛がおもしろい。
魯粛って質素だったらしいけどね。なんか、こう彼の胡散臭さというか、ほら吹き的なところがそれっぽい。それが将来展望してるから呉はおもしろいね。あと、呉の民はみんな周瑜のファン。熱狂的ファン。

佐々木泉先生『江南行
言わずと知れた名作。
中国人もうなる風俗描写。文化のエッセンスの混ぜ込み。酒飲んで暴れているだけが呉じゃないぜ。呉書読むとそんな印象強いけどね。
ちゃんと文人墨客も活躍していて楽しい。

陳舜臣先生『秘本三国志
これね。呉夫人の発想がおもしろすぎる。
孫策はあんまり女性に興味がなくて(周瑜がいるからね🎵)孫権がいろいろ女性に手を出しているのを見て、呉夫人のお考えは……
「うちの孫権は人の心理を読み解くのが好きみたい」
ただの女好きじゃないの??
駆け引き上手なのはとくに曹丕あいてに発揮されてますけれど、お母さま贔屓の引き倒しです。この母の大いなる愛が面白かったのでした。

あと、最近映像作品で呉はちゃんと若い役者さん使うようになりましたね。権ちゃんがとくに。曹操劉備と年の差がわかるほうが彼の個性が出ていいと思います。
黃蓋さんはお爺ちゃんでいいよ。ふつうに。


本年も残り少なくなりました。
駄文を書き散らしていますが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
健康でよいお年をお迎えください❤

観てきたよ『新解釈・三國志』

昨日観てきました。

呉の民としては余りよろしくない評判に警戒しつつも、道民としては観に行かねばなるまいよ。
大泉洋劉備を演じる!
わたしの中ではありだな、と。

大泉洋さんは今では全国区で、賞も獲れる役者さんですが、二十数年前は深夜番組(鈴井さんがエロでゲスいトークをしていた)の1コーナーで小汚い学生のような素人くさい兄ちゃんでした。それから、どうでしょうでONちゃんの中のヤスケンに蹴りをかましていたり、騙されてサイコロ旅をしたり、やっとPUFFYの番組で東京デビューするも冷笑されたり……。道のりを追ってきた道民兼三国志オタクとしては劉備と重なるものがありました。
ぴったりじゃん。劉備の得体のしれない魅力の持ち主ってとこが。感情を面に出さないってとこは違うかもしれないが。ぼやくからさ。

カラーリングなんだけれど、蜀は緑、魏は青、呉は赤ってコーエーだよね?蜀は関羽の棗色の顔が緑しか似合わない致命的なウィークポイントがあるから仕方ない。でも曹操は人形劇では赤だったし、呉は黄色とかだった。
コーエーの刷り込みってすごいよね。
衣装はキンキラでわりと楽しかった。最近の中国の三国志ドラマは考証寄りで粗い織りのくすんだ色合いが多かったから。武器も関羽張飛呂布演義でおなじみの武器だった。
流石に、劉備に両手剣はなかった。危ないし見映えが大変そう。
アクションはとてもかっこよかった。関羽張飛趙雲呂布全員。二時間アクションでもよかったな。
刀の吊り下げ方が興味深い。普段は帯に挟んでいる感じ?
鎧装備になると、吊り下げの何かがついていた模様。詳しく見たかった。

小道具で気になったの、董卓の牀の前に敷かれていたのは虎皮、劉備の序盤の席の前にあったもふもふ、あれなに?たぬき?劉備っぽいアイテム?鹿?

曹操はスケベ、風邪引かない。端的に言い表していてすごい。未亡人大好きっ子で健康オタクだもん。
夏侯惇がつっこみ役なんだよね。叱り役というか。蒼天航路でも読んでるのかな。美味しい。
荀彧はみんな華麗な衣装や鎧のなかであっさりしていて、羽扇をもっているから、逆にあの時代でおしゃれなのを表しているのかしら?と深読みしたり。
あと魏と呉の陣営のライト、それぞれ青と赤にしていて、なんか昔の特撮の悪役のアジトみたいだった。狙ってやってるのかな。
せっかくイケメン揃いなのに、美しく撮ってくれ!

そして、呉…。
周瑜は残念なイケメン。妄想の小喬ちゃんを演じるときかわいかったです。
過去にイケメンですらない周瑜をみてきたオタクなので、カッコいいだけで最低ラインを越えました。
あと、好きなのはね、周瑜が「戦うぞ!」と決めて、風を切って、さっと去って行く場面。すぐに武官が「オオーッ」とざーっとみんなついていくところ。この周瑜さん慕われているとみた。「泣き虫弱虫諸葛孔明」を読んだのかしら?
黃蓋さん、つるっとした黃蓋さん。参謀型です。
周瑜をいろいろ助けるところ、白井式周瑜と雑兵Aみたいでかわいい。
魯粛さん。呉で1番いい扱い。劉備よりだからかしらね。味わい深い。手に払子?房のついた指揮棒を持っていてかっこよかった。これも東晋の流行の先取りみたいで。
孫権。権ちゃーん。かわいい。飴ちゃんで誘拐されそうな坊ちゃんでした。かわいい。顔がいいので……以下略。
小喬ちゃん。あのギャグはレッドクリフへのアンチテーゼなのか?
もしくは、「掠われて無理矢理嫁にされて不幸なの現在のわたし」という小喬ちゃんの「新解釈」!?
呉は紅いマントがかっこよかったです。重そうな生地で豪華。みんな衣装が赤からオレンジのカラーリングで美しかったです。
孫権がイケメンなので、孫策は出すなら誰なんだろうと策瑜ものとしては考えずにはいられませんでした。

詳しい人ほど、持っている情報がノイズとなってしまって楽しめないかもしれません。
三国志知らない方のほうが素直に楽しめるのかも。
大泉洋は耳の形は劉備っぽいよ。
わたしは映画館で結構笑ってました。(みんなエチケットで静かにしてたのかな、クスクスも聞こえなかった、マスク?😷)

長生きしても危なかった周瑜さん!?

長生きしても危なかった周瑜さん!?

孫権はですね、史書のなかで、割と身近な家臣を字で呼んだりしてますね。
あと阿利(谷利)とか、~ちゃん的なラフな呼び方も。
一方、自由な呼び方も出来ないほど尊重しているのが、張公(張昭)、張東部(張紘)の長老たちです。
軍においても程公(程普)がいます。
(黃蓋さんはドラマ等のイメージでもっと白髭の
おじいさんのイメージですが、黃公とはならないですね、孫堅に仕えた時期が遅いのかな?)

張東部は官位からですが、公とは敬称です。
公とは
对亲属的称谓。
对某些职业者的称谓。
对平辈的敬称。
上对下的敬称。
对尊长的敬称。
一般的敬称。

百度百科ではこんな感じでいろいろな意味を含んだ敬称であることを説明しています。親しみもちょっと入っている感じでしょうか。

孫郎、周郎と呼ばれたふたりは若くして亡くなりますから、公がつくほどの年まで生きませんでした(T_T)

で、ここから妄想タイム。
周瑜がもし、長生きしたら。
周公です。周のぼっちゃまから周おじさまに格上げです。
ただの周公ならよいのですが、「周公」といえば、超有名人、かの孔子も憧れた周公旦さまがいらっしゃいます!
立場としては似ているんですよね。
兄武王(義兄孫策、義母呉夫人)から後継者成王(孫権)の後見人を頼まれる。
一族の反乱を抑えて国をまとめていたり、謎の説得力のシャーマンぽいところがなんとも……。
酒見賢一先生の『周公旦』最高なんで読んでみて下さい!

で、妄想に戻ります。
かの周公と同じ名称になったら、やっぱり、期待なんかもされちゃったりして、それが周りにも孫権にも面白くなくなったりするんじゃないかと思うんですよね。
周公旦も成王が君側の奸に唆されて、一度出奔してますから。
実際、朱治、朱公が呉でブイブイ言わせていると、孫権が腹をたてて、それを諸葛瑾が丁寧に解説して優しく諭していたりします。

あやうく(?)長生きして周公になっても、結構危なかった人生かもしれませんよ、周瑜さん。