策瑜で三国志ブログ

一日一策瑜 再録しました。三国志、主に呉、孫策、周瑜について語ってます。基本妄想。小ネタを提供して策瑜創作してくれる人が増えたらいいな。

読みました。楽史舎さま『これから皇帝になる人のはじめての🔰即位』上下巻。


上巻は葬礼だったので、呉の民としては孫権の葬儀を頭に浮かべて読んでいました。
f:id:muse3594:20200623211318j:plain

下巻は祭祀。
即位について、やはり、孫権の例でいくと皇后不在というのはなにか支障があるのかな?と思っていましたが、後漢は幼帝も即位していましたので、その例を考えるとあんまり影響ないようですね。

郊祀も通常業務?が忙しいためか気候が悪いせいなのか大臣が代わりに行っていて、意外でした。
天を祭るのはやはり王、皇帝のお仕事だとおもっていましたから。
政教分離?実務をやれということなのでしょうか。

漢の例では前漢後漢の違いが面白かったですね。
前漢呂后へのありがたみがまだ残っていたのに対して、後漢ではなくなり、薄太后アゲなんですね。
その割には、外戚の害が…。

宗廟制度のところは、呉は全然ダメな子でした…。
ケチケチな蜀ですら宗廟制度はちゃんとしていたのに。(これは国として漢の後継としてのポーズでしょう)
堅パパのも都近くに作らないでケチった?
お兄ちゃん孫策の廟は建業の南というのがわかりました。墓は呉なのにね。このへんバラバラ。
そして、孫権の廟は作られたもののちゃんと祭った記録は怪しい?
ヒドイな。こりゃ亡びるよな。
七廟とはいわなくても瓜の孫鍾おじいちゃんからちゃんとお祭りしようか、孫権くん。
また、孫権の時代に都周辺に廟が孫策のものしかないとなると、孫和の例のもめ事になった(病気治癒祈願のお参りをしたついでに妃の実家の張家に寄ったら、魯班ちゃんに讒言された事件)廟のあるじは孫策となりますね。
しかし、戦勝祈願ならともかく、病気治癒を願ったのがまず間違いな気がします。孫策も困るんじゃない?

孫権は次男相続が二代続いてたりして、祭り方も難しいのかもしれないですが、変な巫女とかに貢ぐよりはご先祖大事にしたほうがいいよ。
権ちゃん。

重厚で面白かったです。
楽史舎さま↓
https://rakushisha.booth.pm/